治療のご案内

外反母趾

外反母趾とは、「足の親指が外側(小指側)に曲がる」病気です。
足に合わない靴を履いている場合に多いとされ、女性に多く見られており、特にかかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われております。進行すると足全体が扁平足や開張足になり、足の裏や小指の方まで痛みが広がってしまいます。自分でチェックするときは、足の内側のラインで、親指のつけねが曲がる角度を測ります。紙の上に立って体重をかけ、親指の出っぱりの前と後ろに定規を当て、2本の線を引き、その角度を分度器で測るとよいでしょう。その角度が15度以上ならば、整形外科を受診してください。治療としては、靴選び、装具や足底板(足の下に敷く装具)が重要です。足に合わない靴は、外反母趾(がいはんぼし)・うおの目・巻爪(まきづめ)・膝痛など様々なトラブルの原因になります。靴は「体をささえる土台」であり、足のトラブルは身体全体に影響を及ぼします。

当院では、靴の専門外来を予約制にて行っております。
“足と靴の相談担当者”が足の状態をじっくりと診て、どこに問題があるのか、何が原因なのかきめ細かくチェックします。患者様の心地よさを第一に考え、患者様のご要望を伺いながら靴選びをお手伝いします。

一覧に戻る

西宮市[西宮北口・JR甲子園口]整形外科 たかひろクリニック

西宮市[西宮北口・JR甲子園口]整形外科 たかひろクリニック

診療科目

整形外科、リウマチ科、
リハビリテーション科

所在地

〒663-8107
兵庫県西宮市瓦林町20番11号

TEL.0798-31-5656 

  • 阪急 西宮北口駅より 徒歩10分
  • JR 甲子園口駅より 徒歩10分

マップを見る


このページの先頭へ