診療案内

ひざ専門外来(変形性膝関節症)

変形性膝関節症とは

加齢とともに大腿骨と脛骨の関節軟骨が変性し、骨の摩耗の進行とともに、ひざの関節が変形し痛みなどが生じる病気です。

変形性膝関節症

どんな症状が起こるの?

変形性膝関節症

診断方法

診察でひざ内側の圧痛の有無、関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、X線(レントゲン)検査で診断します。必要により他院でMRI検査依頼などをします。

変形性膝関節症の治療

「保存療法」「手術療法」があり、症状にあった最適な治療法は何かを知ることも大切です。

手術にいたるまでの保存療法を徹底して行いませんか!!

ヒアルロン酸の関節内注射

ヒアルロン酸は関節軟骨や関節液に含まれる成分の1つです。

高分子ヒアルロン酸注射の効果

装具療法

装具の目的はひざ関節にかかる負担を軽くすることと関節を安定化させることです。
装具には次のようなものがあります。

装具

リハビリテーション

保存療法のうちリハビリテーションは非常に有効かつ重要な治療方法です。ひざの曲げ伸ばし(可動域訓練)とひざを支える筋力の回復(筋力訓練)を行います。 あらゆる保存療法を使っても、ひざの痛みがとれない患者さまには手術をおすすめさせていただきます。

リハビリテーション

手術療法

変形性膝関節症が進行し、関節全体に高度の変形が見られるような場合には、すり減って変形した関節の表面を取り除いて人工関節に置き換える「人工関節置換術」が行われます。

手術療法

診療時間/アクセス

診療時間

電話 0798-31-5656 予約専用ダイヤル 0798-31-5657

〒663-8107 兵庫県西宮市瓦林町20番11号
詳しくはこちら

  • 整形外科たかひろクリニックリハビリテーションセンター(介護保険適応施設・機能訓練重視型)
  • 訪問リハビリテーション
  • 採用情報
  • PNF研究所
  • 西宮渡辺病院の人工関節センター
  • たかひろクリニック fecebook
このページの先頭へ